Naturally FereshNaturally Feresh

 

最新情報

2016年12月22日  お知らせ

超・巨大工場に潜入! ナチュフレの故郷に行ってきました②

みなさんこんにちは。

 

前回はナチュラリー・フレッシュが生まれたところ、
カナダ・オンタリオ州のご紹介でした。

 

今回は、ドライフードの素朴なギモン②

「どんなところで、どんな風に作っているの?」にお答えすべく、

ナチュラリー・フレッシュが作られる巨大工場に潜入です!

ちょっと長くなりますがお付き合いください~

 


北米ペットフード市場を支える巨大工場に潜入!       


まずはどれだけ大きい工場なのかを知ってもらうために・・・
比べてみました!(自分と)


s_imgp2560

いい天気~ヽ(´∀`。)ノ゚

 

これ、全部工場の敷地です!
カメラで写しきれなかったのですが、これでも施設の一部。

 

この建物の後ろに製造プラントが、右側にはできあがった商品を保管するひろーい倉庫があります。
私が訪問したときも、商品を配送する大型トラックがひっきりなしに出入りしてました。

s_imgp2566
アメリカのハイウェイでよく見るトラックが・・・


ナチュラリー・フレッシュを作っている会社はNutreco社といいます。
その親会社は世界的規模の動物飼料の会社なので、
実はとっても大きな会社の一員なんです。

 

ここではナチュラリー・フレッシュをはじめ、
たくさんのスーパーや大型ペットフード店のオリジナル商品を日々作っています。

 

カナダで暮らしている犬・猫たち、実はここで作られたフードを一番食べているのかも!?
というのもおおげさでないくらい、街中のいろんなお店でここで作られた商品を見かけました。

 

 

では、建物内へ進みましょう。


入ってすぐは、品質検査のためのQCルームがあります。

qc%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%83%a0

できあがった商品だけでなく、調達してきた原料がNutreco独自で設けている
厳しい基準をクリアしているかどうか?もここですべて検査されます。

 


続いてペットフードを作っている製造エリアです。

s_imgp2478

ここで、すべての原料を練って、ミックスして、成型します。

 

みなさん、エクストリューダーって聞いたことありますか?
フードの形を作る形成機のことです。

s_imgp2498

この長いパイプの中を先ほど混ぜ合わせた原料が通ります。

 

で、その出口にこんな丸い型をつけておくと・・・
その型どおりの型のフードがにゅる~っと押し出されてくるのです。

s_imgp2501
これが型のプレート。
星型、三角、骨型、クローバー、といろんな形がありました。


形は使う原料との相性もありますし、
食いつきも違ってきますから、最適なものを選ぶのはいつも大変なんだとか!


ここで機械を通ってできあがったばかりの乾燥前のフードをいただきました!
img_3265
ぱく。あつあつで、しっとりふわふわ!


食感は、お麩に似てるかな?完成品のフードより、少しお肉の味が強めに感じました。
ここからあのカリカリのドライフードになるなんて不思議。

 

最後の仕上げ。おいしさと健康のために。            


ここから一次乾燥を経て、おいしさのもと・お肉のスープをプラスします!


s_imgp2528
あたたかい・・・

 

これはチキン味のスープ。
鶏のにおいがフタをあける前からあたりに漂ってました。

これを出来上がった粒に吹き付けて、再度乾燥。

 

そして最後に・・・おなかの健康にとっても大切な!
プレ・プロバイオティクスを加えます。

img_3309
Nutrecoさんオリジナルブレンド。「Nutreco Blend」の文字が。

菌類は加熱に弱いので、ちゃんと乾燥させて熱を冷ました後に添加します。


最後にお肉の原料保管庫を見せてもらいました。

s_imgp2546

お肉は青いケースに入っています。

この日は製造がほとんど終了していたので、倉庫はほぼからっぽ。

 

そしてここ、なんと冷蔵庫なんです!(驚)

 

え、そんなの普通でしょ?と思いますが、
実は冷蔵庫保管って、すごいことなんです。

 

というのも、一般的なペットフードメーカーさんは
保管や在庫管理のしやすさから、冷凍お肉を使うことがほとんど。
でも、Nutrecoさんは素材の新鮮さにこだわり、
その日使うお肉はその日仕入れる、次の日まで保管は一切しない!
という男気あふれる方々。

 

これは簡単そうに見えて、実はとても難しいこと。
毎日安定的に供給してくれる業者さんを見つけないといけないし、
しっかりした製造計画がないと、せっかく仕入れたお肉もムダになってしまいます。


長い時間をかけてまわりの牧場・農場主さんと関係を作ってきたNutrecoさんだから、
こんなことが実現できるのですね~。

 


さて、ナチュラリー・フレッシュの工場案内は以上です。
こんなに大きな工場を見るのははじめてで、
こんなふうに作ってるのか~!と驚くことばかり。

 

ここまで見せちゃっていいの?ブログに出しちゃうよ?と工場長さんに聞くと、
「大事な日本のお客様だから、もちろん!」とのお返事。
自社工場を持ち、商品や品質に自身があるメーカーさんだからこその回答が返ってきて、
なんだかすがすがしい気持ちで工場をあとにしました。

 

———————————————————————————————-

 

ナチュラリー・フレッシュの工場ってこんな大きいの~?

ちょっと興味出てきたかも・・・
よければ詳しい商品紹介あります、こちらからどうぞ!


→次回はナチュラリー・フレッシュを作ったり、届けてくれる人たちをご紹介!

最新記事一覧

» アーカイブ一覧

page
top